脱毛症について注意深く色々考えてみた

脱毛症

分娩後脱毛症と呼ばれる脱毛症があります。抜け毛やハゲ、発毛という用語の中で産後の抜け毛とも呼ばれていますが、抜け毛とか薄毛というと男性の悩みという面が強い場合があると思います。

 

しかし分娩後脱毛症というのは男性は一切ならないというのがおおきなとくちょうかもしれません。仮に男性が出産できるようになればなるのかもしれませんが、現状そうではないため女性限定の抜け毛になってしまいます。

 

妊娠と出産というのは女性限定であるため出産を終えてから授乳期が過ぎるぐらいには抜け毛が止まってしまうことが多い脱毛症です。脱毛症というとなかなか治らないイメージがやっぱりあります。

 

脱毛症というと何かしないと治らないという事も考えられなくはない場合もありますが、基本的には出産から授乳期に抱えて通常の生理周期の中でもホルモンの状態が少し異なるため起こるものだと考えてもらえば分かり易いのかもしれません。

 

そのため特異的な条件ではある出産と授乳期の間に起こるため普段の状態に戻ると自然に脱毛しなくなると考えられています。かといって私の母はすごく薄毛です。産後とは関係なしに薄毛なので、産後が終えてもホルモンのバランスは生理学みたいな感じでいえば安定するのかもしれません。ただ生活というのは人それぞれ違うし、同じことをしてもストレスの度合いというのは違いがあります。

 

薄毛に繋がらないような生活をしていくのが一番ですね。私の場合に置き換えてみるとグミを食べないとすごいストレスにさらされてしまうので、ホルモンの変化量自体は表に出てこないからわかりませんが、ホルモンバランスが大幅に崩れてしまう事でしょう。

 

なので抜け毛予防の観点ではないけどホルモンバランスは脱毛症や抜け毛に関係しているので、今からグミを食べて抜け毛を予防しようと思います。